hiyoko-programingの日記

プログラミングを勉強したてのひよっ子。   エンジニア目指して勉強中。

新年

新年明けましておめでとうございます。

 

1月中旬に転職で引っ越すため、

段ボール箱と共に過ごす年明けとなった。

 

昨年はなんだかんだ言いつつ、

Chat Spaceを何とか完成させ、

その後も独自で本でプログラミングを勉強して、

新たな道も探ったが、

結果的には、同業他社への再就職となった。

 

四十路を前に、

人生で初めて大阪を離れることになったが、

まさに人生何があるかわからないもので。

 

散々人生どうするべきか迷ったが、

落ち着いたのかな?と思っている。

 

2021年は、新たな門出の年となるはず。

 

プログラミングは

またいい本があったら勉強しようかな、とは思っている。

 

新年は里芋の泥抜きを失敗して美味しくない里芋の入ったお雑煮となったことが

最初の後悔だろうか。

 

その次は、いらん(必要のない)言葉を正直に彼氏さんに話してしまった、

正直すぎる自分に反省。

 

そんな元日であった。

 

コロナ退散!!

いい一年でありますように・・・

Amazon Route 53??

Amazon Route 53 は DNSである。

 

DNS = ドメインネームサービス。

     ブラウザに入力したURLをIPアドレスに変換するしくみ。

 

アクセスしてもらいたいアドレスを

実際に使用しているEC2やS3などのAWSサービスの接続点に結びつける。

 

ドメインの取得もできる。

 

トラフィックが1つのポイントに集中しないようにしたり、

一箇所のサービスに障害が生じたときに速やかに他の場所に切り替える機能もあり、

ルーティングを柔軟に管理できる。

 

Amazon Route 53の用語

・リゾルバー:

  ドメイン名とIPアドレスを相互に変換する機構。

  中心的な機能で、いわゆるDNSサーバーが持つ機能。

 

ラウンドロビン

  1つのホスト名に複数のIPアドレスを割り当てて返すと、

  先頭から接続を試みることを利用して、

  アクセスされるたびにIPアドレスを返す順序を変えることで、

  優先する接続先のIPアドレスを恣意的に調整するしくみ。

  接続先のIPアドレスが複数になることで、サーバー負荷の分散が可能になる。

 

トラフィックフロー:

  サーバーの負荷や、最も効率の良いサーバーのIPアドレスを返すよう調整する機構。

  以下の3つを組み合わせて構成される。

   レイテンシーベースルーティング:遅延が最小となるサーバーへ転送

   Geo DNS:地理的に近いサーバーに転送

   DNSフェイルオーバー:サーバーの稼働をヘルスチェックして、

               稼働していないサーバーへは割り振らないようにする。

 

・ホストゾーン:

  DNSの設定単位。

  ドメイン全体、または、サブドメインのこと。

 

・レコード:

  ドメインサブドメインに設定した、

  ドメインIPアドレスを変換する1つの設定項目のこと。

 

・クエリ:

  DNSに対する問い合わせのこと。

 

 

 

レジストラレジストリの違い

レジストリとは:

  ドメイン情報のデータベースを管理している機関。

レジストラとは:

  レジストリドメイン情報の登録を担当する組織。

 

→ユーザーは「レジストラ」にドメイン情報を申請し、

   「レジストラ」は「レジストリ」にドメイン情報を登録する。

     

よく使われるポートの番号

ポート:通信の口のこと。

 

Web、メール、FTPなど、サーバー上でなんらかのデーモン(サービス)が動いている時は、

そのサービスに対応したポートが待ち受けている(開いている)状態になっている。

どのポートを使っても良いが、

実際は、ポートはサービスごとによく使われるポート番号が決まっている。

 

※デーモンとは??

  パソコン(サーバー)の電源が入っているときに、

  常に動き続けるソフトウェア(プログラム)のこと。

  UNIX系ではDeamonと呼ぶ。

  Windowsではサービスと呼ぶ。

   毎回立ち上げるWordやExcel :デーモンではない

   メール機能やWeb機能 :デーモン

 

 

★よく使われる主なポート番号

 

・25   : SMTP   : メールの送信

・110  : POP3   :    メールの受信

・143  : IMAP4    : メールの受信

・80   : HTTP   : Webの送受信

・443  : HTTPS : Webの送受信

・22   : SSH  : SSHでの通信

・1433 : SQL Server   : データベースの通信

・1521 :Oracle Database: データベースの通信

・3306 : MySQL     : データベースの通信

・5432 : PostgreSQL  : データベースの通信

・5439 : Redshift : データウェアハウスの通信

・20と21: FTP   : ファイル転送での通信

・53   : DNS    : ドメイン管理での通信

・3389 : RDP       : リモートデスクトップでの通信

・32768-65535 :  AWSの場合のアウトバウンド応答